彼岸花が庭にあると縁起が悪い?縁起が悪い理由は?植えたいけどいい?

higanbana

秋になると、見かけることも多い「彼岸花」
彼岸花を見かけると、なんだか不吉な気分になったり、縁起が悪い!と感じる人も多いようですね。
ですが、炎のように美しい花であるともいえます。
そもそも、彼岸花は本当に縁起が悪いのでしょうか?
縁起が悪い理由や、庭に植えても良いのかをご紹介します。


スポンサードリンク



彼岸花が庭にあると縁起が悪い?

「彼岸花を庭に持ち込むと火事が起こる」

「彼岸花に触ると手が腐る」

なんていう言葉を聞いたことはありませんか?
また、彼岸花の俗称として
「地獄花」「幽霊花」
などなど、不吉な別名も広がっています。

今や彼岸花も赤以外にも様々な品種があります。
ですが、昔は赤のみ。今でも彼岸花と聞いてイメージするのは真っ赤な花ですよね。
その見た目から「火事」だとか「血」だとか不吉で嫌な印象を持つは何なってしまっているようです。




彼岸花の縁起が悪い理由は?

では、なぜこんなにも「彼岸花」は嫌われているのでしょうか?

まず、彼岸花は茎に毒があります。
なるほど、だから、彼岸花に触れると手が腐るのか!とつながりますね。
ですが、実際は、いくら毒があろうと彼岸花に触っただけで手が腐ったりすることはありません。
でも、子供なんかは何でも口に入れます。なので子供が彼岸花に触らないように、そのような迷信がいい伝えられました。

「彼岸花を家に持ち込むと火事になる」
というのも、そういった理由から言われた迷信です。

さらに、彼岸花には毒があります。でも、その毒は水にさらせばなくなる水溶性の毒です。
なので昔は飢饉の時には毒を抜いて食べていたそうです。
そのため、飢饉=不吉 という印象になっていったのかもしれませんね。

彼岸花がよく咲いている場所もよくありません。
毒を持つことから防虫に田畑やあぜ道に植わっていることも多いですが、墓地に咲いていることも多いです。

そのため彼岸花と聞いて思い浮かべる風景に、お墓の周りに赤く燃えるように咲いているイメージが出てきてなんだか不吉な気分になってしまうかもしれませんね。

このような悪いイメージが重なり、

「彼岸花は縁起が悪い!」

と言われています。


スポンサードリンク




彼岸花を植えたいけれど…。

では、庭に彼岸花を植えたら実際、言われているような不吉なことが起こるのでしょうか??

庭に彼岸花を植えたら、親や義母に「彼岸花は縁起が悪いから今すぐ抜きなさい!」
なんて言われた経験がある人もいるとは思います。

ですが、私のご近所にも彼岸花を庭に植えている人がいますがそのような悪い噂、不吉な出来事は聞いたことはありません。

「彼岸花」は確かに茎に毒があったり、いろいろ縁起の悪い由縁のある花ではありますが、花そのものに災いをもたらす力は当然ありません。
毒がある植物なら彼岸花以外にもたくさんあります。
その中には、多くの人から愛されている花だってありますよね。
例えば、スズランなんかは彼岸花とはくらべものにならないほど強い毒を持ってますが「スズランが縁起が悪い!」という人はいませんよね。

なので、縁起が悪いということはないと思います。
彼岸花がきれいで好きだから、庭に植えたい!というのであれば気にせず植えて良いと思います。
ただし、子供がいる家では触らないように、口に入れないように気を付けたほうがいいですね。

「病は気から」と同じように、迷信をとても気にして
「彼岸花を植えると不吉なことが起こる!」と信じ込んでいるのであればなんだか怖い気もします。
でも、迷信を信じてない人にとっては何の脅威もないと思います。




まとめ

私も彼岸花って好きです。
確かに炎のような見ために、鮮烈な赤い色。
昔の人が珍しがって、不吉なイメージをしたのもわかる気がします。
でも、それが故、美しく見えるのかもしれませんね。




スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 私の母は彼岸花を育てていて市内にあるお墓にも植えました。

    by 通行人 2016年11月6日 9:54 PM

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP