台風でご近所の車に傷が!?保険は使える?対策は?

台風で庭ものなどが飛び、
誰かの家のものを傷つけてしまった場合責任はどこにあるのでしょうか?
今回は、他人の家の車を傷つけてしまった場合について、
考えてみましょう。

スポンサードリンク


台風でご近所の車に傷が!?

台風の被害で自分の庭のものや瓦などが飛んで
ご近所の車に傷をつけてしまった場合
責任はどこにあるのでしょうか?

賠償金などを払う必要があるのでしょうか?

台風など災害なので
傷をつけた方にも責任がないかと思われますが、
時と場合によるようです。

例えば、日常的にくる台風よりも断然大きな台風で
自分の家だけでなく、他の近隣の家も同じように瓦が飛んでしまっていたり
庭がめちゃくちゃになってる場合は
不可抗力ですので、
車に傷をつけてしまっても、賠償金を払う必要はありません。
個人でどうこうできる問題ではありませんので。

ただ、台風の規模もさほど大きくなく、
予想できる程度のものであった場合。
そして、家の老朽化により、
瓦が飛びやすくなっていたり、
庭のものを台風がくるのにも関わらず
飛ばないように固定したりなどしていなければ、
それは過失ということになり、
責任を問われてしまいます。

家が古くなっている場合はしっかりとメンテナンスをしたほうがよさそうです。



台風で車に傷がついたら保険はきく?

災害の場合は殆ど保険は適応されないと思われますが、
何か損害保険などに入っている場合は、
契約によりケースバイケースですので、
もし近隣の方から賠償請求された場合は一度
相談するのがいいと思います。

スポンサードリンク

また、ご自身に過失が全くない場合
(台風で飛ぶことが予想されるものを固定していたり、屋根が通常崩れないようにしてあった場合など)
は、保険はもとより、賠償請求をされても支払う義務はありませんので、
毅然と振る舞いましょう。
しかし、ご近所さんなので、
誠意は見せたほうが良いですね。

普段のご近所付き合いの度合いにもよりますが、
多少は負担するなどの対応をしても良いかもしれません。
(もちろんこれは気持ち次第です。)



台風の車への対策は?

不可抗力で台風によって自宅の何かが
近所の方の車を傷つけてしまっても、
賠償責任はありません。

裁判、となった場合でも大抵の場合は
賠償責任はなし、と判断されるようです。

でも、もし今ご自宅の屋根に不安があるのであれば
早めにメンテナンスや修理をすることを考えましょう。
メンテナンス不足で壊れやすくなっているのに放置しているとあっては、
やはり台風といえども責任を問われます。

不要なトラブルを避けるためにも、対策をしておくのが安全です。

また、屋根や外壁以外でも、
庭の植木鉢や、ベランダの物干し竿…
様々なものが台風で飛ぶ可能性があります。
なので、台風の予報があるときには、
固定したり、家の中に入れるなどの対策をしっかりしましょう。



まとめ

賠償責任などの問題になっては大変ですし、
たとえ支払いの義務がなくても後味はワルイですよね。
日頃から、台風が近づいてきたら
対策を講じるようにしておきましょう。



スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP