生理の横漏れ対策!夜に漏れる時は?横漏れしないナプキンって?

月に一度の憂鬱…。そう生理ですね。
生理の時って、しっかりナプキンを付けていても横漏れが気になるんですよね。
下着だけでなく、スカートやズボンについたらどうしよう・・・。と不安になってしまいます。
この横漏れ、世の女子たちはどのような対策をしているのでしょうか?
実際に私がやってみた方法も合わせてご紹介しますね!


スポンサードリンク



生理の横漏れ対策は?

生理の時に経血が漏れてしまうという事件…。
あなただけではありません。実はほとんどの女子が悩んでいる生理中の悩みの一つなのです。

では、その対策を一つずつ見てみましょう。


・ナプキンとタンポンを併用する

ナプキンだけでなくタンポンを併用すればぐっと横漏れしてしまう可能性が減りますよ。
タンポンは経血の量が少ないときに入れると痛いですが、横漏れを心配するような量が多い日には比較的痛くありません。
人によってはどうしても痛くて怖くて嫌!という人もいます。
そういう人にはおすすめできませんが、まだ一度もタンポンを使ったことがない!という人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

・ナプキン2枚重ね
ナプキンを2枚重ねるという方法を実施している人もいます。
多い日用夜用のしっかりしたナプキンに、普通の日用のナプキンを重ね付け…。
重ねてつければ、吸水量も増えますのでいいですよね。


・ガードルやスパッツで固定

これは実際にかなり効果があると思います。
ガードルやスパッツでナプキンが肌にしっかり密着することによって、ナプキンのズレを防げます。
ズレなければ、漏れる可能性を減らすことができますよね。


・辛いものや血行を良くするものを食べない。

経血も血の一つ。
血行がよくなるとその分血が多く出てしまいます。
なので、辛いもの、血行の良くなる食べ物は避けましょう。
生理痛がある人は痛みもましてしまいます。


・ナプキンにトイレットぺーパーを

これ、最近私がやっている方法なんですけど、
生理のナプキンをショーツにつけますよね。
その上にトイレットペーパーをのせています。

幅は、ナプキンよりもやや、広めにしてます。
ちょうど、羽根付きナプキンの両羽を広げたときくらいの大きさになるように下着に設置。
そしてそのままトイレットペーパーの位置がずれないようにショーツを履き、上からスパッツです。
これで固定もされますし、まず経血はトイレットペーパーが吸い取ってくれます。
そのため仕事などですぐにナプキンが変えられない場合でもしばらく持ってくれます。
以外に付け心地もゴアゴアせずにいい感じですよ。


・色の濃い服を着る

横漏れしてしまった場合の対策ですが…
色の薄いものを付けていると血がしみてしまった場合バレバレです。
歩いているとぎょっとされてしまう可能性があります。
濃い色なら万が一漏れてしまってもバレない可能性が高いです。
またスカートをはけば、万一、下着やスパッツに染みてしまってもスカートだけは死守できますよ。




生理夜に漏れる場合は?

夜、寝るときも横漏れが心配になりますよね。
下着だけでなくパジャマのズボンや布団、シーツに経血がしみてしまっては洗うのも大変です。

対策としては、昼と同じようにナプキンの2枚付や、タンポンとの併用をします。

また、寝る前に、室内洗浄(ビデ)をすることをおすすめします。

こういったもので夜寝る前にやってあげると、水と一緒にたくさん経血が流れ、夜の量を少し減らしてくれますよ。

次に万が一もれてもいいように、すぐに洗えるバスタオルやいらないタオルなどをベッドに敷いています。
そうすれば万が一漏れてしまった時も、タオルに血が付着するのみでシーツや布団を守ることができます。
タオルだけなら洗うのもそれほど大変じゃないですもんね。


スポンサードリンク




生理の時横漏れしないナプキンは?

生理のナプキン、どのように選んでますか?
横漏れ‎に強いナプキンはいったいどれでしょうか?

できれば横漏れに強いナプキンを使いたいですよね。

様々なナプキンが色々なメーカーから出ていますが横漏れしにくいナプキンはどれでしょうか?

あくまでも私の乾燥になりますが、
ウィスパーを気に入って使ってます。

吸水力も高いです。
さらに、好きなところは吸水後もさらさらを保ってくれて付け心地が良いです。
他の製品よりも漏れにくいかなあ…と思っています。

ただ、横漏れを絶対にしないナプキンって残念ながらないんですよね。
布ナプキンなどを気に入っている人もいるようですが、吸水力としては私は市販の紙ナプキンの方が高いんじゃないかな…と思ってます。
肌の優しさ、環境への配慮などを考えると布ナプキンも優秀ですけどね…。

自分にあったナプキンをぜひ見つけてもらえればと思いますが、選択しにウィスパーもぜひ入れてみてくださいねー!




まとめ

生理の時、あんまりにも血が多すぎるともしかしたら病気が隠れているかもしれません。
横漏れ対策も大切ですが、気になる場合は一度産婦人科に相談されることをおすすめします。

月に1度の憂鬱…。
今日も横漏れしないように頑張りましょう…。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

インフルエンザ予防接種の高齢者への効果や副作用と注意事項を紹介!
朝の低血圧の対策は?食べ物は?治し方は?
頭を打撲してはげた!!怪我に植毛はできる??
水虫だけど温泉行っても大丈夫?悪化する?感染させてしまう?
頭皮の日焼けが痛い!ケアをしよう!シャンプーはどのように?
目の下のクマの治し方は?生まれつきあるんだけどなぜ?
部活の日焼け対策は?日焼け止めのおすすめとケア方法は?
歯についた食べかすが取れない!取り方は?歯医者に行くべきか?
背中の汗を止めるには?ツボ押しで対処!目立つときはどうしたら?
ラサーナのオイルにはシリコンが!シリコンシャンプーはなぜ悪い?
前髪のうねりの直し方は?ケープは効く?形をキープするには!?
舌のやけどを治すには?痛み止めや市販薬はある?
毛虫に刺されたときの対処法は?うつる?服はどうする?
顔に汗をかきたい!代謝をあげる方法で毛穴から美肌になるには?
コンタクトの人の花粉症対策は?点眼薬と目に効く内服薬は?

Menu

HOME

TOP