革のバッグ 雨のシミ取り、手入れ方法は?クリーニングには出せる?

お気に入りの革のバッグを大切に使っていたのに、突然の雨に降られてしまった…。
そんなこともありますよね。
革に雨のシミが付いてしまうと、乾いてもシミ汚れが落ちないんですよね…。
この汚れ、どのように落とせばいいでしょうか?


スポンサードリンク



革のバッグ 雨のシミを取る方法は?

革はとってもデリケート、ちょっと雨に濡れただけでシミができてしまうんですよね。
特にヌメ革だと目立ってしまいますよね。

では早速手順を説明していきます。

用意するものはスポンジです。

まず、革についてしまったシミを完全に抜くのは難しいです。
そのため、全体に同じように濡らして乾かし、シミを全体になじませて、目立たなくするという方法を取ります。


1.スポンジに水を含ませ、優しく革に湿らせて言ってください。

最初は防水スプレーやクリームなどを塗っていると中々染みていきませんが、ここで焦ってはダメです。
ゆっくりとなじませるにように水を含ませていきます。
擦ったりすると傷がついてしまったり、色落ちの可能性がありますので、気を付けましょう。
できるだけ均一に、シミ以外の場所も湿らせて行きましょう。


2.自然乾燥させます

均一に水で濡らすことができたら、そのまま風遠しのよい日陰で自然乾燥です。
濡れた状態の革はいつもよりもデリケートです。
日の当たる場所で干したりドライヤーをすることはやめましょう。

これで河毛ばシミはほとんど目立たなくなっています。
どうにもならないときぜひお試しくださいね。




革バッグの雨の日の手入れ方法は?

さて、シミを抜くことができたとしましょう。
ですがそのままの状態で使うことは危険です。
表面が大変傷つきやすい状態になっています。

そのため革用のクリームを塗ってあげ、皮に水分補給をしてあげましょう。
まるで、洗顔後の女性みたいですね。(笑)

また、クリームをしっかり塗ったあとは防水スプレーなどをしてあげると良いですよ。
突然の雨の日にも防水スプレーをかけていれば、多少強くなりますし、水だけでばく汚れも付きにくく、落ちやすくなります。
防水スプレーは使用頻度にもよりますが月に1度程度で大丈夫です。
頻繁に毎日のように使う場合はもう少しこまめにスプレーしてあげるといいですね。


スポンサードリンク




革のバッグはクリーニングに出せる?

自分で、シミ汚れを取るのもできなくはありません。
ですが、かなりお気に入りのバッグだったり、高かったものだと、自分でやって、失敗したらどうしよう…。
という不安もありますよね。

革製品のお手入れはとても難しいので、失敗してしまう可能性もあります。

シミを取ろうとしたつもりがもっとひどい状態になってしまったら嫌ですよね。

そんな大切なバッグは、クリーニング屋さんに持っていってみるといいですよ。

では、よく洋服をクリーニングに出す通常のクリーニング屋さんに革製品を持っていったらやってくれるのでしょうか??
これは、やってくれる(できる)クリーニング店とできないクリーニング店があります。
まずはお近くのクリーニング店に確認してみましょう。
もし、そのクリーニング店ができない場合は
「革製品を取り扱っているクリーニング屋さんを知りませんか?」
と聞いてみましょう。
クリーニング店によっては紹介してくれるところもありますよ。




まとめ

革製品は使うほど、味が出てくるもの。
ですが、シミだらけの皮のバッグは決して味のあるバッグではありません。
しっかりとケアと手入れをして、バッグを長く使いたいものですね。

雨の日はできるだけ持たないようにしていても突然の雨に降られることもあるもの。
シミになってしまったらあきらめずにお手入れ、してみてくださいね。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP