横浜開港祭の花火2015!何時から?穴場は?

夏のはじまりを告げる風物詩として定着している横浜開港祭。
2015年の今年は5/30から6/2まで行われています。
目玉は何と言っても花火です。
最終日の花火情報について調べてみました。

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火2015!今年もあります

2015年の横浜開港祭。
開催日は5/30(土)31日(日)2日(火)です。
花火は6/2(火)の最終日に行われます。

横浜の美しい夜景と、レーザーの光、そして花火とのコラボが見どころです。

打ち上げ数は6000発

それほど大規模、というわけではありませんが、
関東の花火大会の先陣を切るような花火大会なので毎年70万人近くのお客さんが訪れる人気イベントです



横浜開港祭の花火は何時?

花火は6/2(火)最終日の20時20分から20時50分までです。
雨天決行。荒天の場合は未定だそうです。

スポンサードリンク

はじまる時間は20時20分ですが、

人気の場所などは早朝から場所取りをしてスタンバイする人もいるようです。



横浜開港祭の花火の穴場は?

・・・とはいえ、朝から場所とりをできない場合や、
そこまではちょっとなあ・・・という人もいらっしゃいますよね。
場所取りしなくても見られる穴場はあるでしょうか?

おすすめの穴場を紹介します!

○野毛山公園
坂を上るのがちょっと大変かも!
ですが、坂の上なので高い場所ですので見晴が最高ですよ!

○マリンタワー
山下公園の裏にある灯台。展望台からの眺めは花火大会のときならず、夜景の美しさでも有名です。カップルにおすすめです。

○クイーンズパーク
クイーンズスクエア横浜の中なので、飲食店やトイレもありゆったり見ることができます。



まとめ

今年最初の花火大会!
ぜひ、家族や友人、恋人と観に行ってみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

横浜開港祭の花火へデートで!有料席とレストランどっちがいい?
神奈川県庁のプロジェクションマッピングの感想は?混雑と時間は?
二俣川免許センターへのアクセスは?コンビニ、周辺には何が?
ハロウィンイベント横浜なら?子供と!仮装パーティーは川崎も!
横浜三渓園へのバスの時間や混雑状況を紹介!
noimage
横浜のスパークリングトワイライト花火を見た!場所と混雑を教えます。
横浜開港祭の花火に浴衣は早い?花火大会で持ち物は?バッグは?
チーズフォンデュの美味しいお店は横浜に!チーズカフェの評判?行き方は?
横浜のチーズカフェに電話が繋がらない!?予約するには?予約なしでも平気?
noimage
横浜でピクニックデートはどこ?雨は平気?港の見える丘公園の周辺は?
noimage
日帰り温泉横浜の混雑状況は?おすすめの場所は?
神奈川県庁でプロジェクションマッピング!アクセスと日時!

Menu

HOME

TOP