花粉症と風邪の違いは?薬の併用はOK?どっちを飲む?

つらいつらい花粉症…。鼻水や咳、喉や体のだるさ、目のかゆみ、発熱など…。花粉症の症状も様々ですよね。そして、この花粉症の症状、何かに似ていませんか?そう、風邪によく似ているのです。花粉症でつらい時期に、似たような症状の出る風邪をひいてしまったら、なかなか見分けるのは手ごわそうですよね。また、花粉症の薬を飲んでいるときに、風邪を治すために、薬を飲みますよね。併用してもいいのか、それともどちらか一方を飲んでいいのか、ちゃんと確認をして、最善を尽くしたいですよね。

今回は、花粉症と風邪の違い、見分け方と、どっちにも同時にかかってしまった場合の対処法についてお教えします!


スポンサードリンク



花粉症と風邪の違いは?

花粉症と風邪はとっても症状が似ていますが、よく考えてみるとやはり違います。
項目別にみてみましょう。

目のかゆみ

これは、一番わかりやすいですよね。人によって花粉症の症状も様々なので目のかゆみがない場合は確実に風邪、とは言い切れませんが、逆に目のかゆみがある場合は、花粉症です。風邪で目がかゆくなるということは、ほとんどありせんもんね。

喉の痛み

花粉症でも風邪でも、喉が痛くなることはあります。ですが、花粉症と風邪の喉の痛みはそれぞれ少しずつ違います。まず、花粉症の場合は喉が痛いというよりもかゆいのです。違和感があるイガイガするという状態です。そして唾液を飲み込んだときは、別に痛くはありません逆に風邪の場合は、喉がかゆいというよりも痛いのです。そしてひどい場合は喉が腫れているので、唾液を飲み込んだとき痛みがあります。

鼻水

鼻水は、花粉症にとっても風邪にとっても代表的な症状の一つですよね。ですがこれらにも違いがあります。まず花粉症の鼻水は、透明でサラサラしている水のような鼻水です。対して、風邪のときの鼻水は粘り気があり、色も黄色っぽく濁っている場合があります。これは体の中の病原体などの色や、風邪に対抗するために戦った白血球の残骸などが含まれていてこのような色になっています。わかりやすいのは、粘り気がなければ花粉症、粘り気があれば風邪という判断ができますよ。

風邪でも花粉症でも熱が出ることがあります。ですがこれらにも違いがあります。風邪の場合は、高熱が出る可能性がありますよね。ですが花粉症の場合は微熱が続く場合はありますがなかなか高熱はでません。高熱が出た場合は風邪の可能性が高いと言えます。

天候によって

雨の日に症状が落ち着くようであれば花粉症です。花粉はとても軽く、空気中をさまよってますよね。ですが、雨が降ると舞い上がる花粉が地面に落ち、花粉の飛散量が少なくなります。そのため雨の日には花粉症の症状が落ち着くのです。雨の日にも症状が変わらない場合は風邪の可能性が高いでしょう。

以上、項目に分けて考えてみました。普段自分が花粉症であり、花粉症対策や薬を飲んでいる場合、風邪の症状というのは見逃しがちですよね。すこしでも風邪かも?という症状の特徴があれば、風邪の可能性も疑ってみてください。




スポンサードリンク

花粉症と風邪は薬を併用しても平気?

まずはじめに、花粉症の薬も風邪薬もそれぞれ、症状を緩和させるために飲む薬です。つまり、たとえば花粉症のための薬は花粉症そのものを治してくれる薬ではなく、花粉症による鼻水や喉の痛みなどの症状を和らげてくれるにすぎません。風邪も、”風邪”という病気は存在せず、免疫力が落ちて熱や鼻水などの症状が出る状態を風邪と呼んでおり、風邪薬も、それらの症状を緩和してくれる薬なのです。

花粉症と、風邪の症状ってとってもよく似てますよね。

花粉症の薬や風邪薬を医者で処方箋を出してもらい飲んでいる場合でも、市販薬を購入し対処している場合でも、それぞれの薬にはどちらにも含まれている成分があります。つまり、併用してしまいますと、どちらの薬にも含まれる成分を過剰に摂取してしまう可能性があります。これは、副作用を引き起こす原因にもなりかねません。
また、アナフィラキーショックというのを聞いたことはありませんか?スズメバチに2回目さされたときに、体のなかで過剰反応してしまい、危険な状態に陥ってしまう、あのアナフィラキシーショックです。風邪薬と花粉症を併用するとそういった状態になる可能性も無きにしも非ずなのです。

そのため花粉症と風邪薬、どちらも併用することは絶対におすすめできません。

どうしても併用したい場合は一度、医師に相談してみましょう。




花粉症と風邪は薬はどっちを飲むべき?

花粉症の薬と風邪薬を併用することはよくないとお話ししましたが、では、どちらを優先して飲むべきか悩みどころですよね。

実は、鼻かぜ用の薬を飲んでいると、花粉症の場合の鼻水も自然に収まってきます。鼻かぜ用の薬というのは鼻の粘膜やのどの炎症を抑えて、鼻づまりを解消してくれるようなものです。花粉症と風邪、どちらも症状はとてもよく似ていましたよね。花粉症と風邪、原因は違えど出ている症状は似たようなもの。どちらの薬も、それらの症状を抑えてくれるようなものなので、どちらを飲んでも大丈夫です。

ただ、風邪薬には、熱を下げたりする解熱効果などがありますよね。花粉症で熱がない場合には必要ない効果もあるわけですから、どちらかといえば風邪薬を飲んだほうがいいかもしれませんね。

市販の総合感冒薬であれば、熱、喉、鼻、など、風邪の諸症状に効くように作られていますよね。そのため花粉症の症状もカバーしてくれます。

風邪が治ったら、風邪薬をやめて花粉症の薬に切り替えていくのがいいと思いますよ。




まとめ

風邪と、花粉症はとても似たような症状で紛らわしいですよね。でも同じような症状ということは同じような薬で効果が得られるとも考えられます。無理にどちらも飲むことはしないで、まずは片方だけ飲むようにしてみてください。
大変な時期ですが乗り越えましょう。

※花粉症も風邪も人によって症状は様々です。今回の記事、参考にしていただければ幸いですが、正確に知りたい場合や、それぞれの症状がひどい場合はまずは病院に行かれることをおすすめします。




スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クリスマスパーティーはいつやる?24日と25日どっち?
noimage
夏に肌が乾燥する原因は?対策は?
前髪のうねりの直し方は?ケープは効く?形をキープするには!?
こたつが焦げ臭い原因は?掃除する?ヒーターは交換できる?
noimage
卒業式の袴に靴はどんなのがいい?草履とブーツどっちがいい?
父の日の義父へのプレゼントは何にする?値段は?名前は?
手持ち花火のできる場所は?横浜の公園は?みなとみらいなら?
夏の就活の服装はどうする?スーツの暑さ対策とは?面接で軽装って?
義母に母の日はあげるべき?プレゼントの初めての時の予算やおすすめは?
仕事中に眠気が来た時の対処法は?パソコンが関係あり?このツボが効く!
犬の暑さ対策!室内犬の夏にエアコンは必要?電気代は?
フィルムマスカラはカールしない?カールの方法とカール力のあるものを紹介!
家に羽アリが発生!?原因は?対策は?

Menu

HOME

TOP