蚊への対策で刺されないようにするには?刺されやすい人は?血液型は?

この時期に気になる蚊。
だけど人によってものすごく刺されやすい人と、
あんまり刺されない人といますよね。
どんな人が刺されやすいのでしょうか?そして刺されない対策をご案内します。

スポンサードリンク


蚊への対策で刺されないようにするには?

蚊に刺されやすい人はしっかりと蚊への対策をする必要があります。

まず、蚊に刺されやすい人が刺されにくくなるという事はなかなか難しいようです。

ですが、体質改善としては・・・

・肉中心の食生活を改める。

・汗をあまりかかないようにする。
(こまめに拭いたりする)

ですが、なかなか、これを実施しても蚊に刺されやすい人が途端に刺されにくくなる、
というのは難しいようです。

なので、体質以外の、蚊への対策もお伝えします。

・肌の露出を控える。
(物理的に遮断です。)

・家にはハーブゼラニウムを植える。
(蚊が嫌いな植物です。都会ならばこれでかなり防げるはずですよ)

・蠅取り紙
ホームセンターで手軽に手に入ります。
表面がペタペタしているので、蚊が近づいたら逃がしません。
1か月程度使えますよ。
ただ、それを捨てるときに気が滅入りそうですね・・・。

あとは、蚊の多いところに出かけるときは、
しっかり虫除けスプレーをして出かけましょう。



蚊に刺されやすい人ってどんな人?

では、蚊に刺されやすい人はどんな人なのでしょうか?

色々な説があります。

スポンサードリンク

ただ、蚊は二酸化炭素を感知して、人によって来ます。
なので、体から二酸化炭素が多く出ている人が、刺されやすいのではないでしょうか?

具体的には・・・

・アルコールを摂取した人
・代謝の良い人

代謝が良くなると、体臭や息などによって、
蚊が近づいてくるようです。

また、

・汗をかいているとき(運動しているとき)

も同じく、汗の臭いなどで蚊が寄ってくるようです。

すべて体温の上昇にも蚊が寄ってくるというのが関わっています。

あとは、体臭という事で、

・肉食中心の人

も刺されやすい、と言われています。



蚊に刺されやすい血液型ってあるの?

血液型によって、蚊に刺されやすい、刺されにくいがある、
と聞いたことはありますか?

一般的にはO型の人が刺されやすいと言われています。

また、テレビ番組でそんな実験をしているのを見たことがあるのですが、
O型の人がやはり一番刺されていました。

なんでもO型の人の血は花の蜜の味に似ているんだとか…。

但し、医学的には証明されてない事のようで、

現状、真偽ははっきりしないようです。



まとめ

なんで自分ばっかり、こんなに蚊に刺されるの!?
一度はそう思ったことがある人も多いはず…。
できるだけ肉食中心の食生活を避け・・・
蚊に刺されないようしっかり対策してくださいね!



スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

卒業式の袴に靴はどんなのがいい?草履とブーツどっちがいい?
花粉症と風邪の違いは?薬の併用はOK?どっちを飲む?
足の裏の豆が治らない!なぜできるの?治し方は?
義母に母の日はあげるべき?プレゼントの初めての時の予算やおすすめは?
赤ちゃんがいる家でのゴキブリ対策は?予防にハーブ、退治にホウ酸団子!
noimage
家に羽アリが発生!?原因は?対策は?
夏に肌が乾燥する原因は?対策は?
フィルムマスカラはカールしない?カールの方法とカール力のあるものを紹介!
犬の暑さ対策!室内犬の夏にエアコンは必要?電気代は?
仕事中に眠気が来た時の対処法は?パソコンが関係あり?このツボが効く!
こたつが焦げ臭い原因は?掃除する?ヒーターは交換できる?
父の日の義父へのプレゼントは何にする?値段は?名前は?
クリスマスパーティーはいつやる?24日と25日どっち?
結婚式の服装で親族は?女性は?振袖を着る年齢は?

Menu

HOME

TOP