初節句で二人目が女の子のときは?雛人形は必要?お祝いはどうする…?

女の子が生まれて初めての節句。そう桃の初節句。一番最初の女の子のときはお雛様を贈るのが一般的ではありますが…、二人目のときって悩みますよね。
お雛様は一人に一台という話もありますが、現代の住宅事情から2台も置くのは大変。でも次女のことを考えたら…?いったいどうするのがベストでしょうか?


スポンサードリンク



初節句で二人目が女の子のときは?

初節句にはお雛様を贈る。これが一般的ですよね。
ですが、女の子二人目のとき、そう妹の場合はどうしたらいいのでしょうか?

お雛様を贈るか、別のものを贈るか、お祝い金にするか悩みますよね。

お雛様は女の子一人に一つという話も聞いたことがあると思います。でも、家のスペース的には2つなんてとてもおけないですよね。
娘夫婦としてもお雛様の贈り物自体は嬉しいけれど2台目となるとちょっと…と思っている可能性もあります。

二人目のとき、みんなはどうしているのでしょうか?

選択肢としては…

・姉と同等レベルのお雛様を贈る

・ちょっと小さめで飾るスペースを取らないお雛様を贈る

・お雛様ではなく市松人形を贈る

・お雛様とは別のお祝いを贈る

・お祝い金を贈る

などといった選択肢があると思います。
一番良いのは、直接娘さん夫婦に相談に行くのがいいと思います。
その家の方針、考え方、また夫の両親の考え方もあるかと思います。




雛人形は二人目にも必要?

さて、お雛様は一人に一つずつ贈るものだという話も聞いたことがあるかと思います。
お雛様は生まれて初めてもらう贈り物で、親や祖父母たちがその女の子の健やかな成長や幸せを願っておくるものですよね。
これが2番目に生まれた妹だけない、というのはかわいそうな気もしますよね。

ちなみに私は次女ですが私専用のお雛様は持ってませんでした。家には立派なお雛様が一台あります。よく考えれば姉の初節句のときに祖父母から贈ってもらったものなのでしょう。ですが、物心ついたころから「二人のお雛様」と言われていましたし、そこに疑問を持つことはありませんでした。

ほとんどの家では、このように、姉妹の場合は姉と妹でお雛様を共有していることが多いと思います。
(少なくとも現在では)

お雛様は民間伝承で正しい決まり、というのはありません。
昔の貴族たちや豪商たちはお金も土地もありましたので、女性は一人一台、初節句のときに贈ってもらったお雛様を生涯大事に飾り続けるというのが風習だったようですね。
でも、お金も土地もあまりない庶民は、手作りの紙雛や土雛を作り、女の子の人形を用意して祝ったそうです。

そう考えると、現在の住宅事情的に大きな立派なものを二つ用意するのは厳しいから、二人目には思いを込めた小さな雛人形を贈るという考えかたも、アリかもしれませんね。

ですが…、ちょっと待ってください。
これから、次女は大きくなるまで、いろいろ姉からおさがりをもらっていくと思います。お洋服も姉が着れなくなったものをもらったり、学校で使う備品も使いまわせるものなら、姉から妹へおさがりが来る可能性は高いです。
妹の宿命ですよね。
多かれ少なかれ、次女は「私はいつもおさがりばっかり。お姉ちゃんはいいな。いつも新品を買ってもらえて!」って思うはずです。
(私は思いました。笑)

そこで、一生に一度、生まれて初めてのお雛様が姉のものは立派なお雛様で、自分は小さな手のひらサイズのお雛様…
そうなると、気にしてしまう子もいるでしょう。
「いつも、お姉ちゃんが一番…」っと…。

もちろん、こればっかりは育て方にもよるとは思いますが、そう思う可能性が高いのも事実。なんだか、切ないですよね。

で、私は自分専用のお雛様ってなくて、姉と共用だったので、そんな思いはしませんでした。でも、もし家にあるお雛様が姉専用のもので、私のが小さなお雛様だったら、物心ついたときに、気にしちゃったと思います。(大人になっていろいろな事情を考えれば気にならないかもしれませんが…)

なので、私のおすすめとしては、いま姉に贈った立派なお雛様があるのであれば、それを二人のもので共有してもらうのが良いのではないでしょうか?
小さいころからずっと「このお雛様は二人ものよ」と言い聞かせ続けていれば、二人目の女の子が卑屈な考え方をするという事態は避けられると思いますよ。

お祝いはお雛様とは別のものか、お祝い金で渡すのがいいと思います。




スポンサードリンク

初節句の二人目のお祝いはなにがいい?

さて、では、お雛様でないとすれば、二人目には何を送ったらいいでしょうか?

一番喜ばれるのはおそらくお祝い金。
相場というのはそれぞれの地域などにもよりますが、3万円程度で大丈夫かと思います。

でも、お金ではなく何かものを贈りたい場合は…、
お雛様の形のオルゴールを贈ってみてはいかがでしょうか?

可愛いですよね。
もし、最初の子に贈ったお雛様を二人で共有してもらうことにしたのならば、お姉ちゃんにも妹にも贈ってあげてほしいです。
大きな立派なお雛様は二人姉妹のもので、一人ひとりには小さなオルゴールを上げるのです。

オルゴールならば出したりしまったりするのも簡単です。
また、嫁入りのときに簡単に持っていくこともできますよね。

もし妹にだけ贈った場合だと、物心ついて、しばらく自分でちょっと考えることができるようになる年頃になると…
「二人のお雛様といっても、結局お姉ちゃんが生まれた時に買ったんだから、もともとお姉ちゃんのなんだよね。私はこの小さなオルゴールだけ…」
と考えてしまう可能性もあります。

でも二人とも平等にオルゴールがあれば、共有のお雛様という事実を受け入れやすくなるのではないでしょうか??

お姉ちゃんのほうも、今までは自分専用のお雛様だったのが妹と二人のになっちゃったわけですから、その変わりに自分専用の小さな可愛らしいオルゴール、喜んでもらえると思います。




まとめ

お雛様は一人にひとつずつ。それも正しいかもしれません。でも、絶対的な正解がないのがお雛様の風習です。場所的にも毎年2台のお雛様を出し入れするのは大変です。二人目の女の子の初節句の際には、2台目のお雛様を買うべきかどうか、若夫婦と相談されることをおすすめします。
そのうえで、妹さんの気持ちも考えて、ベストな選択ができるといいですね。

ひな祭り、いろいろな風習がありますが結局は自分たちが一番納得のいく形になるのが一番です。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

七五三三歳の女の子に化粧は必要?化粧の仕方と優しい化粧品を紹介!
クリスマスプレゼント中学生の彼女に!予算1500円で喜ぶものは?
母の日に温泉のプレゼントがしたい!日帰り、箱根がおすすめ!
ハロウィンのカップル過ごし方のおすすめはイベントで仮装を楽しもう!
敬老の日のプレゼント孫の写真を!赤ちゃんのアルバムを手作りで!加工もあり!
noimage
えびな市民祭りのアクセス方法!シャトルバスの時間や混雑状況を紹介!
ハロウィンパーティー 持ち寄り料理は何にする?簡単で子供が喜ぶものは?
暑中見舞いを先生へ出すときの書き方とは?いつからいつまで?宛名は?
クリスマス会 子供会でのゲームで大人数、室内で楽しめるもの特集!
敬老の日のプレゼントに和菓子を!!おすすめ、日持ちするものを紹介!
クリスマスプレゼント片思い女性にあげるべき?おすすめは?渡し方は?
川崎市制記念多摩川花火大会へのアクセスと見える場所は?
母の日に貰ったカーネーションの育て方は?地植えのポイント!冬越しは?
母の日はプリザーブドフラワーと生花嬉しいプレゼントはどっち?

Menu

HOME

TOP