犬の蚊対策はどうする?ハーブはどう?刺されたら??

夏になると出てくる蚊…。
人間にとっても困ったものですが、
犬にとっても困りものですよね。
犬は人間と違って パチン! とはできませんし…。

一体どのように対策したらいいのでしょうか?

スポンサードリンク


犬の蚊対策はどうする?

まず、第一にフェラリアのお薬を飲ませましょう。
動物病院で処方されています。
ほとんどの飼い主さんがちゃんと与えていると思いますが、
万が一まだでしたらいち早く与えましょう。

フェラリアというのは、蚊を媒体にして、
犬の肺などに寄生する感染病です。
お薬を飲んでいれば、ほとんど心配はいりませんが、
もし飲んでいなく、感染してしまった場合は
最悪の場合、命を落とすことにもなりかねないので、
しっかりと与えましょう。

もちろん、フェラリアの事はぬきにしても、
犬も蚊に刺された場合は、痒がってしまいますよね。

対策としては

散歩中

・天然由来の虫除けをする(詳しくは次に説明します)

・うちわを持って歩き、蚊が近づいてきたら、パタパタと仰いで蚊を飛ばす。

・犬用蚊取り線香

犬用の蚊取り線香なんかはよくペット用品のところに売ってますので、
簡単にできますよ。
うちわもこの時期道で配ってたりしますよね。



犬の蚊対策にハーブは効く?

犬に虫除けをしてあげたいとき、

人用のものや、薬品が多く含まれているものは、
ちょっと気になりますよね。

そこで、ハーブなどアロマを使った虫除けスプレーが効果的です。
自分で作ることになりますがとっても簡単ですよ。

まず、材料ですが

お水100ミリに対して・・・

グリセリン 小さじ1

精油20滴

です。

グリセリンは薬局などで購入することができます。

精油ですが、防虫効果のあるものだと・・・

ユーカリレモン
ローズマリー
ペパーミント
レモングラス
ヒノキ

などがあげられます。

これらは蚊やノミダニが嫌いな成分なので
虫除けに効果があります。

これらを良く混ぜてスプレーに入れて使います。

ただ犬の目に入ってしまうと危ないので、
絶対に顔にはかけないようにしてください。

身体や、首輪、紐などにつけるようにしましょう。

もちろん、人間にも使えますよ。

ただ、天然由来なだけに、長時間の効果はないので、
散歩中、付け直したりしましょう。



スポンサードリンク

犬が蚊に刺されたら??

犬が蚊に刺されてしまっても、

フェラリアの対策さえしていれば、

それほどあわてる必要はありません。

痒がっているのはかわいそうですが、
人間と同じで放っておいても治ります。

ただ、犬自身が搔いてしまって、傷ついてしまったり、
あまりにも腫れがひどい場合や、
体調が悪そうな場合は、
できるだけ早く獣医に罹るようにしましょう。

蚊が原因のこともありますし、
そうでない場合もあります。

無理に自分で対処しようとせず、病院に行くのが安全です。



まとめ

犬も人と同じように蚊に刺されるもの・・・
ただ毛の長い犬だったら、蚊に刺されることはほとんどありません。
逆に毛の短いわんちゃんは刺されやすいので要注意ですね!



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

猫カフェで猫に好かれるには?喜ぶ触り方とおすすめ時間帯!
家に羽アリが発生!?原因や対策を紹介!
地震のとき犬は置き去りするしかない?避難所は?備えは?
犬へ雷が鳴った時の対処法とは?怖がる理由は?脱走してしまったら?
犬を室内で飼う際の抜け毛対策は?ブラッシング方法は?良い掃除機は?
庭の猫対策は?糞には?猫よけ植物って?
犬の暑さ対策は大丈夫?良いグッズは?夏バテの対処法は?
ハムスターの夏バテ対策をしよう!この症状に注意!グッズは?
金木犀が咲かないのはなぜ?鉢植えの場合植え替えは?肥料はいる?
祭りの金魚の飼育はどうする?いるものは?長生きさせたいなら?
noimage
猫の暑さ対策はどうする?夏はエアコン必要?
パキラの葉先が茶色に!?切るべき?枯れたものを復活させるには?
noimage

Menu

HOME

TOP