熱帯夜に快眠する方法は?グッズは?エアコンは?

夏の暑い夜…。
眠っているはずなのに、ものすごく暑くて
疲れが取れない…。
うまく寝つけない…、目が覚めてしまう。
そんなことはありませんか?
ここで、夏の熱帯夜を乗り切る快眠方法を案内致します。

スポンサードリンク


熱帯夜に快眠する方法は?

まず、寝る前にぬるま湯
(36度くらいのちょっと冷たいと感じる程度の温度)
にじっくり浸かります。
そうすることで体が冷えるので寝やすくなりますよ。

また、一番の効果はやはり

アイスノンです。

アイスノンを凍らせて、タオルで包み
首や脇など、血管の太い部分に充てるのです。

そうすると体をめぐる血が冷たくなり、
暑さをだいぶ和らげてくれますよ。

扇風機をつけるのであれば、
必ず自分には向けない事。

いくら夏でも一晩中扇風機の風に当たっていると、
脱水症状をおこし、危険な状態になることも考えられます。

扇風機は上の方に首を振り、
室内の空気の循環のために使いましょう。



スポンサードリンク

熱帯夜に快眠できるグッズは?

アイスノンも便利ですが。

こんな冷感シーツがあります。



100%麻のシーツです。
麻は涼しげで、汗をかいてもさらっとしているので気持ちがいいですよ。

また選択をしても、すぐに乾きます。

夏の朝のシーツには本当に助けられてます。

熱帯夜の快眠にエアコンは?

エアコンは体に良くない…

と言いますが、

真夏の30度以上を超える熱帯夜に

何も対策せずに眠るほうが体に悪いです。

何もガンガンに冷やせというわけではありません。

28度から29度くらいの設定でつけておけばいいのです。

また、どうしてもクーラーが嫌だ、

という事であれば、

ドライ設定にして、除湿をするだけでもだいぶ違いますよ。

それでも、どうしても!どうしても
エアコンを寝ている間につけられないというのであれば、

眠る前の1時間程度エアコンをつけておき、
布団などを冷やしておいてください。

そうすると寝つきはだいぶ良くなりますよ。

でも、もし窓も開けられない状態で、
エアコンもつけないという事であれば、
本当に危ないと思いますので、

何時間、というタイマーでも良いので、
ぜひ、温度設定高めでつけて眠ってみてください。



まとめ

夏の夜は本当に辛いですよね。
暑くて寝苦しいだけではなく、
身体に悪影響がある場合もありますので
しっかりと対策をして、
ぐっすりと眠ってくださいね。



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

夏に肌が乾燥する原因は?対策は?
化粧 日焼け止めの順番は?日焼け止めだけでOK?塗り直しはどうやる?
夜に蚊が耳元で飛ぶ!その対策は!?寝れないときは?
雨に濡れた靴を乾かすには?臭いや縮むときの対処法はコレ!
クリスマスの女子会でプレゼント交換!2000円で!コスメがおすすめ?
就活の面接が雨の時の傘は?置き場はある?色はなにがいい?
プールの塩素で肌荒れに?対策と落とし方は?
手持ち花火はどこでやる?東京でできる場所は?河川敷は?
頭皮の日焼けが痛い!ケアをしよう!シャンプーはどのように?
汗を太ももにかく場合の対策は?原因は?椅子への染みを防ぎたい!
寒さで頭痛がする原因と対策!治し方が知りたい!
手持ち花火のできる場所は?横浜の公園は?みなとみらいなら?
脇汗の染みの落とし方は?予防するには?クリーニングで落とせる?
海での日焼けは頭皮もピンチ!対策は?日焼け止めのおすすめは?
職場の冷房が寒い!対策は?直撃するときはどうする?

Menu

HOME

TOP