花火に使用期限ってある?古いものの捨て方に気を付けて!

夏が終わり、家を整理していると…
結局買ったまま使わなかった花火が…。
そんな花火使えるのでしょうか?また使えないならどのように捨てたら?
一応火薬だし…。そんな悩みにお答えします。

スポンサードリンク


花火に使用期限ってある?

花火って実は使用期限が明記されてないんですよね。
湿気さえしなければ、5年~10年くらい持つんです。

ただ、日本のこの気候で何年も湿気させずに、保管しておくっていうのは難しいですよね。

なので湿気てしまった場合でも一度試してほしい方法があります。

花火を新聞紙でくるんで、乾燥剤(シリカゲル、お菓子とかに入ってるあれ)と一緒に
ビニール袋に入れておきます。
そして湿気の少なそうなところにおいておきましょう。
そうすると復活することが多いです。

…が、それでも復活しないほど湿気てしまっていたら、
もう捨てたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


古い花火の捨て方は?

さて、古い花火を捨てるとき…
花火はこれでも火薬です。大量にあると、ちょっと捨てたあと、
ゴミ捨て場でどうなるか…怖いですよね。
なんでも湿気が飛んで、そこに火がつくと、ふつうに付くよりも消えにくくなってしまうんです。

なので、花火を捨てるときは、一度水に湿らせましょう。
バケツにたっぷり水を入れて、そこに花火を入れて一晩。
そうすればもう火薬は溶け出していて、復活する可能性は低いと思われます。

ただ、たくさんそういった花火がある場合は、念のため、一度に大量に捨てるのはやめましょう。
万が一、火薬がダメになりきっていなくっても、
少しの量なら大丈夫ですが、大量だと…ちょっと怖いですよね。
なので、面倒でも、一度に数本ずつゴミに出します。

さらに、捨てる時に、湿った生ごみなどの間に入れたり、
濡らしたティッシュなどで包んだりして、
常に水気がそばにあるようにして捨てたほうが、
より安全です。



まとめ

楽しかった花火。
結局使わずに捨ててしまうのはもったいないです。
できれば、来年の夏まで乾燥剤と一緒に保管し、
使ったほうがよいですが、
どうしても使う見込みがなく捨てる場合は
しっかりと湿気を含ませてから捨てるようにしましょうね。



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ブーツから合皮の臭いが!洗い方は?
手持ち花火はどこでやる?東京でできる場所は?河川敷は?
職場の冷房が寒い!対策は?直撃するときはどうする?
脇汗の染みの落とし方は?予防するには?クリーニングで落とせる?
クリスマスの女子会でプレゼント交換!2000円で!コスメがおすすめ?
雨に濡れた靴を乾かすには?臭いや縮むときの対処法はコレ!
冬の窓の結露を防止するには?結露対策賃貸の場合は?
カメムシの大量発生の原因は?対処法と駆除方法をご紹介!
ゴキブリ対策は引越しのときに!新居でこれをやる!ハーブは効く?
紫外線 ニキビの対策は?日焼け止めのおすすめ、ファンデーションなら?
頭皮の日焼けが痛い!ケアをしよう!シャンプーはどのように?
手持ち花火のできる場所は?横浜の公園は?みなとみらいなら?
結婚式での花粉症対策!マスクはしても良い?飲み薬でおすすめのものは?
夏に肌が乾燥する原因は?対策は?
海での日焼けは頭皮もピンチ!対策は?日焼け止めのおすすめは?

Menu

HOME

TOP