髪が肩ではねる!乾かし方で防げる?アレンジ方法はある?

女性の憧れ、ロングヘアー。でもロングになるためには髪の毛を伸ばさなければいけません。そこで、誰しも通るのが「ちょうど肩くらいの長さ」です。この長さのときって髪の毛がはねやすいんですよね。
この髪の毛のはねとうまいこと付き合っていかなければなりません。どうしたら、髪の毛をはねさせずに今の髪形を楽しめるのでしょうか?


スポンサードリンク



髪が肩ではねる!

髪の毛が肩ではねてしまうのは仕方がないのです。
どうしても髪の毛は肩のところではねてしまう…。これはもはや宿命と言ってもいいかもしれません。

なので、肩くらいの位置になったら…

・ロングをあきらめて切ってしまう


・パーマなどをかけてごまかしつつ、伸ばすのを待つ

・ドライヤー方法などを工夫して髪の毛のハネと戦う

この3択になります。
あきらめてしまう人は…、おそらくこの記事を読んでいる人にはいないでしょう。

パーマをかけるというのは良い手段だと思います。
デジタルパーマなど持ちが良いパーマを当てて、おけば2、3か月後にはこの魔の肩ラインを通り抜けることができるでしょう。

そして、パーマなどをかけることができず、自力でなんとかしたいという場合は、ドライヤーのかけ方などを工夫すればできます。

あきらめるのはまだ早いかもしれません!!




髪がはねるのは乾かし方で防げる?

では、はねるのを防止する乾かし方をお教えします。そんなに難しくはありませんよ。

ズバリ…

①髪の毛の内側からドライヤーを当てる

②髪の毛をいつもはねてしまう方向と反対側に引っ張りながらドライヤーを当て

この2点になります。
この二つさえ守れば、肩のラインではねるのを防ぐことができますよ。
簡単ですよね!

ただ、注意点がひとつです。
はねるのは毛先のみ、という人でも根本から乾かすようにしましょう。
髪を乾かすとき、根本を乾かすというのはもちろん重要ですし、髪の毛の癖も、根本から来ているんです。
なので引っ張りながら根本のほうからちゃんと乾かすこと!これが大事です。

朝シャンじゃなくても大丈夫です。
夜お風呂上りにしっかりとドライヤーで乾かすことによって、朝もある程度大丈夫になりますよ。
そして、生乾きはダメです。しっかりと乾かすことが重要です。




スポンサードリンク

髪がはねる人のアレンジ方法とは?

うっかり夜さぼってしまったり、癖があまりにも強すぎて、はねるのがどうしても防げなかったときは、ヘアアレンジをしちゃうというのも一つの手段です。

肩につくくらいの長さなら、髪の毛を結ぶことができると思います。
シュシュでお団子にしてみたり、結んでしまえば跳ねても大丈夫です。

また、アイロンなどをつかって、全体にウェーブをかけてしまうというのもアリですね!

または、クルクルと丸いブラシを用意します。
そしてそれを内側に巻きながら梳かし、ドライヤーを当てます。そうすることによって内巻きスタイルになります。そうすればはねるのが気にならなくなりますよ!




まとめ

肩ではねてしまう髪の毛、本当に憎らしいですよね。
しっかりとドライヤーをかけることによって、ある程度防ぐことができますので、頑張ってこの微妙な長さの時期を乗り切りましょう!




スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

頭皮の日焼けが痛い!ケアをしよう!シャンプーはどのように?
紫外線 ニキビの対策は?日焼け止めのおすすめ、ファンデーションなら?
らっきょうの効能の1つ血液をサラサラに!何個までOK?食べ過ぎに注意!
唇の荒れのケアは?リップクリームのおすすめ敏感肌には?リップ以外なら?
マツエクのメイク落としおすすめは?やり方は?長持ちさせるには?
noimage
寝る前の空腹対策は?我慢すべき?食べていい食べ物はある?
舌のやけどを治すには?痛み止めや市販薬はある?
マスクで耳が痛いときの対策は?保護するには?
日焼け対策男性はする?日焼け止めにはクレンジング?ケアは?
前髪が浮くときの対処法は?抑えるにはどうする?ピンでもいい?
睡眠のゴールデンタイムは美肌に良い?関係あるの?試してみた!
スノボの筋肉痛を予防、軽減策と筋トレ方法!
食べても太らないのはなぜ?方法や食べ方ってあるの?
メガネで鼻に跡がつく対策は?消すには?跡がつかないためには?

Menu

HOME

TOP