自転車の日焼け対策顔はどうする?帽子は?マスクは?

スポンサードリンク

暑い夏に困る日焼け。
自転車に乗っていると、
腕も気になりますが、顔もとっても気になりますよね。
帽子などを被っても風で飛んでしまったり…。
自転車の日焼け対策についてお話しします。

スポンサードリンク


自転車の日焼け対策顔はどうする?

自転車の日焼け対策で特に顔ですが、
まずは日焼け止めをしっかり塗りましょう。

通勤通学の、自転車に乗っている時間が短いのであれば、
SPFはそれほど高いものでなくても構いません。

30程度で十分です。

ただ、できるだけ+が多いものを選びましょう。

++++が最強です。

また、塗り方ですが、
擦ってしまうとムラが出来てしまいます。
肌に乗せるように、濃いめに分厚く塗っていきましょう。



自転車の日焼け対策帽子は?

自転車で帽子をかぶると、
風で飛んでしまったり、
通勤の時だと、髪の毛の形がおかしなことになったりして…
本当はかぶりたいけど、かぶれない事もありますよね。

そこでおすすめなのが、
サンバイザーです。
サンバイザーだと頭皮の日焼けを防ぐ事は難しいですが、
顔の日焼けはばっちり防いでくれますよ。

こちらのサンバイザーは見た目も悪くなく、
顔への紫外線を防いでくれます。

サンバイザーがあるだけで、だいぶ日焼けの仕方が違いますのでお勧めです。



自転車の日焼け対策のマスクは?

また、こちらは
周囲の目をあまり気にしなければ、顔中をマスクで覆てしまう方法もあります。

忍者みたいでかっこいいかも??

但し、こういったマスクをつける場合は、
空いている部分の日焼けケアそしっかりしないと
可愛そうなことになるので気を付けてくださいね。

これでサングラスもしたら完全防備です。



まとめ

自転車通勤通学にとっては夏は厳しい季節ですよね…。

便利なグッズを活用して、何とか夏を乗り切りましょう。

顔の日焼け止め、気を付けてくださいね!



スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

水虫だけど温泉行っても大丈夫?悪化する?感染させてしまう?
デジタルパーマを長持ちさせるコツは?洗い方は?シャンプーは何がいい?
赤ちゃんへ虫歯がキスでうつるって本当?いつまで?うつさないためには?
noimage
お湯で落ちるマスカラが落ちない!落とし方は?
頭皮の日焼けが痛い!ケアをしよう!シャンプーはどのように?
noimage
足の爪が剥がれそうな時の処置は?生える?病院にいくべき?
唇が日焼けして痛い!?治し方は?日焼け止めのおすすめは??
noimage
背中の汗を止めるには?ツボ押しで対処!目立つときはどうしたら?
爪の甘皮の処理は痛い?甘皮処理をサロンではどうやる?自宅の場合は?
noimage
生理をずらす 病院にはいつ行く?ピルの処方の診察内容や値段は?
頭皮のかゆみ乾燥を改善したい!シャンプーやオイルが効く?

Menu

HOME

TOP