目への紫外線対策を忘れずに!目薬の効果は?カットできるメガネは本当?

スポンサードリンク

紫外線が気になる時期ですね。
肌に日焼け止めを塗る人は多いと思います。
目にはサングラス!でもサングラスに抵抗ある人、いますよね…。私もサングラスが似合わないので悩んでたので、調べてみました。

目への紫外線対策を忘れずに!

忘れがちな目に対する紫外線対策ですが、実はとっても重要。
紫外線は目にとっても、有害です…(-_-;)
目にはもともと紫外線を防ぐ力があるのですが、
たくさんの紫外線を浴びると、
目が充血したり、「紫外線角膜炎」や将来的に「白内障」を引き起こしてしまう恐れがあります。
若い頃から紫外線を浴び続ける事によって、白内障の発症が早まる可能性があるそうです。
老眼も早まります。

また直接目に対する影響だけではなく、肌も影響があります。
肌の紫外線予防をしっかりしていたとしても、目から強い紫外線を浴びると、
脳が「強い紫外線だ!肌を守らねば!!」となってしまい、肌を守るため、メラニンを生成してしまうんですね。
なので、肌が黒くなったりシミ、そばかすの原因になってしまう恐れがあるんですね。

なので、目に対する紫外線対策も大変重要なんです。

紫外線に対する目薬の効果は?

目に対する紫外線対策の一つとして、目薬があります。

目薬自体にはUVカット効果はありません。

目薬を差して、紫外線を防いでくれるわけではないのですね。

目薬の効果は、予防・カットではなくケアです。

UV効果のある目薬には、『硫酸亜鉛』が含まれています。
硫酸亜鉛は紫外線を浴びた眼の炎症を抑える効果があります。
そしてメラニン生成も抑えられるという研究結果があります。
眼から紫外線を浴びても、メラニンが生成されて肌も黒くなるということですので、
直接のUVカット効果はなくても、紫外線対策に効果があるようです。
ただシミやそばかすに対する予防効果は実感しにくいですがが、紫外線による眼の疲労感は軽減されるのを感じることができるようです。
帰宅後すぐに使うのがおすすめです!

紫外線をカットの為にメガネはあり!?

目薬で紫外線ケアをできることがわかりましたが、実際予防はどうしたらよいのでしょうか?

サングラスはもちろん効果的ですが
UVカット加工のメガネがあります。

メガネは色がついていない透明なものが多いですよね。それに対してサングラスは色の濃いものが多いです。

なので、色のついてないメガネは紫外線に本当に効果があるのか?と思ってしまいますね。

しかし、


レンズの色と紫外線カットの効果は関係ないのです。

メガネを選ぶときにUVカットの効果のあるものを選びましょう。
その際に
「紫外線透過率」や「紫外線カット率」
が高いものほど、効果があるようです。

色のついてないメガネでもちゃんと加工されているものであれば紫外線を防いでくれますので、それを選ぶようにしましょう。

伊達メガネでも大丈夫です。
一度メガネ屋さんに行って予算や紫外線を浴びる時間などを話して相談してみるといいと思います。

まとめ

目への紫外線対策はとっても重要!
サングラスに抵抗がある人も、
メガネで予防し、目薬でしっかりとケアをしてあげましょう。
生きている限り何十年使い続ける自分の目、大切にしていきましょう!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

髪を早く乾かす方法は?良いドライヤーとタオルを紹介!
タイムハニーの効果って?食べ方と購入方法は?
自転車の日焼け対策顔はどうする?帽子は?マスクは?
頭皮から脂っぽいにおいがする!?洗い方は!?シャンプーは何がいい?
前髪のくせ毛対策は?ケープのコツ!アレンジで決めよう!
歯茎が茶色い一部だけ?原因は?治すには?
生理をずらす生理不順なら早める、遅らせるどっちが確実?
赤ちゃんへ虫歯がキスでうつるって本当?いつまで?うつさないためには?
noimage
ダニ対策 布団にできることは?布団乾燥機は何がいい?畳はどうする?
髪への紫外線対策はちゃんとしてる?影響は?ヘアケア法は?
寝る前の空腹対策は?我慢すべき?食べていい食べ物はある?
背中の汗を止めるには?ツボ押しで対処!目立つときはどうしたら?
noimage
しゃっくりがよく出るのは何かの病気?絶対止まる止め方は?

Menu

HOME

TOP