インフルエンザ予防接種の妊婦の副作用と胎児の影響は?妊娠初期でもOK?

インフルエンザ 予防接種 妊婦

妊娠すると、普段の時よりも体調に気を付けなければなりません。
そこで、悩ましいのがインフルエンザの時期ですよね。

妊娠する前は、インフルエンザの予防接種なんて受けなかった人も、今年はどうしようかな~っと悩みますよね。

胎児のために、インフルエンザの予防接種をしたほうがいいような気もするし、
でも副作用や赤ちゃんへの影響を考えたら不安になりますよね。

今回は、妊婦さん(妊娠初期も含め)のインフルエンザの予防接種についてお話しします。

気になる副作用や、胎児への影響をご紹介します。


スポンサードリンク



インフルエンザ予防接種妊婦に副作用は大丈夫?

インフルエンザの予防接種。
大ピークの時期に備えてできるだけ接種したいところです。
国も高齢者や妊婦、子供から優先的にワクチンを用意してくれますよね。

では、妊婦への副作用は大丈夫でしょうか。

実は、今まで、妊婦だから特別な副作用などは認められていません。

妊婦だから副作用が起こりやすい、とか、
妊婦特有の副作用、などは現在のところ報告されてないんですね。

なので、妊婦だからと言って副作用を過剰に心配する必要はありません。

とはいえ、インフルエンザの予防接種で、絶対に副作用が起こらないわけではありません。

・注射を打った部分が赤く腫れる。痛い、痒い
・発熱
・だるさ
・頭痛

こういった副作用は、10人予防接種を受ければ、1人、2人程度に発生するものです。

ただ、こういったものも大きな害はなく、2~3日程度で収まるものがほとんどです。

しかし、場合によってはアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性があります。
症状は…

・注射を打った部分だけでなく、広範囲に腫れが広がる
・蕁麻疹
・呼吸が苦しくなる
・意識レベル低下
・嘔吐

こういった症状が出る可能性も稀にあります。
インフルエンザのワクチンは卵を元にできています。
そのため、卵アレルギーの人はアナフィラキシー反応を起こしやすいようです。
また、以前、インフルエンザの予防接種で同じような副作用が出た人も、反応しやすく危険があるかもしれません。

そういったほうは、副作用のリスクを考えて、予防接種を控えるというのも選択肢の一つです。

インフルエンザの予防接種以外の予防方法はこちら

ですが、そうでない場合はどうしたらよいでしょうか?
インフルエンザ予防接種による副作用のリスクをとるか、
インフルエンザに感染、重篤化するリスクをとるか…。

こればっかりは自分で判断するしかありません。
ですが、インフルエンザ予防接種の重度の副作用は本当に稀です。
それよりも、インフルエンザに感染し、重症化してしまうほうがよっぽど怖いと思います。

また、インフルエンザの予防接種をしたからといって、100%インフルエンザに罹らなくなるわけではないのです。
むしろ、注射を受けようが受けなかろうが、インフルエンザに罹る可能性はそれほど変わりません。
ですが、インフルエンザに罹ってしまった場合、予防接種をしていれば、重症化する可能性がぐっと減るのです。

妊娠中は、インフルエンザの薬、タミフルなどを飲めないですよね…。
そうなると、インフルエンザが重篤化してしまうと自分自身が大変しんどい目にあってしまいます。

赤ちゃんは羊水でお母さんの高熱からも身を守る術はありますが、
お母さんの体に危険があっては、子供の命も危ういかもしれません。

インフルエンザの予防接種をするか否か、
それは自分の判断次第です。
予防接種をしなくても、外出をほとんどしなかったり、上の子がいなかったり、手洗い、うがい、マスク、加湿…
と対策をすることはできますよね。

仕事もしていて外出も頻繁にするようなら予防接種はぜひしたほうがいいでしょう。
上の子がいる場合もしたほうがいいかもしれませんね。

自分の状況と照らし合わせて、後悔のない選択ができるといいですね。




インフルエンザ予防接種による胎児への影響は?

インフルエンザの予防接種で副作用も気になりますが、
赤ちゃんへの影響も気になりますよね。

なんだか、予防接種によって、赤ちゃんに悪影響があったら…と心配になりますよね。

インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンです。
これは、死んだウイルスを使って作られているので毒はありません。
ですので、赤ちゃんに影響はほとんどありません。

また、ワクチンには「防腐剤」が入っているものが多いです。
その成分として有機水銀(チメロサール)が入っています。
こちらも、濃度も本当に少量ですし、胎児への影響はほとんどありません。
なので防腐剤が入っているワクチンでも特に心配する必要はありません。
でも、気になるようであれば、防腐剤不使用のワクチンもありますので、
予防接種をする予定の医師に確認してみるといいですね。

それどころか、インフルエンザの予防接種によってお腹の中の退治にも免疫が付く、というような研究も報告されています。

妊娠中に季節性インフルエンザワクチンを接種した女性には、感染や重症化予防に必要な抗体が90%の確率で生成され、
胎児にも十分な免疫力が備わることが19日、
国立成育医療センター(東京)の研究で分かった。

(中略)

研究は一昨年から昨年にかけ、同センターに来院した妊娠15~39週の女性125人(25~41歳)を対象に実施。
病原性を除去したA型2種、B型1種のウイルス株を含む不活化ワクチンを使い、
接種前と接種1カ月後の血中の抗体価(免疫力を示す指標)を調べた。

(中略)

 また出産時には、ワクチンに反応した母親と胎児(臍帯(さいたい)血)の比較も実施。妊娠中期に接種したグループでは、胎児の抗体価が母体の平均1・6倍に達した。妊娠後期では同1・3倍にとどまり、接種から出産までの期間が長いほど、胎児の免疫力が高まることが分かった。

引用元:中村レディースクリニック 季節性インフルエンザ予防接種

と出ています。
つまり、簡単に言ってしまうと、
妊娠中の女性に、インフルエンザワクチンを接種してもらったんですね。
人によっては反応が鈍い場合もあるが、ほとんどの人がウイルスに対する反応があったとのことです。
そして、出産の時には、胎児の免疫力が高まっていることが分かった、
ということなのです。

生まれたばかりの赤ちゃんって、インフルエンザの注射をしても中々効果が得られなかったりするんですよね。
なので、妊娠中に予防接種をしておくことは、
生まれた後の赤ちゃんにとっても、免疫ができ良いことでもあるのです。


スポンサードリンク




インフルエンザ予防接種は妊娠初期に受けてもいい?

インフルエンザと妊婦について調べていると

「妊娠初期、(16週目まで)はインフルエンザの予防接種は控えたほうが良い」

などの情報を目にしますよね。

ですが、現在では妊婦さんは、妊娠中すべての時期で予防接種ができると言われています。

妊娠初期にインフルエンザ予防接種をしたことが原因で、
胎児に先天的な障害ができてしまったり、
流産したり…
などそういった報告はありません。

ですが、妊娠初期って、予防接種の有無にかかわらず、流産しやすかったりなどデリケートな時期です。

なので、妊娠初期の予防接種はあまり推奨されていなかったんですね。

でも、人によってはこの妊娠初期の時期が過ぎるのを待っていたら、インフルエンザのワクチンが流行のピークに間に合わないという可能性もあります。

もしも、妊娠初期で、悲しくも流産してしまったり問題が発覚
してしまったら…
たとえ、インフルエンザのワクチンのせいじゃないとしても、
予防接種をした自分を責めてしまうかもしれませんよね…。

予防接種をするにしても、しないにしても自分や赤ちゃんにとって後悔のない選択をしたいものですね。

1,2週間待てば、妊娠初期の時期から抜けられる!というのであればちょっと待ってもいいかもしれません。
でも、あまり待ちすぎると、インフルエンザのピークの時期に間に合わない可能性もありますので注意が必要です。




妊娠中のインフルエンザ予防接種についてのまとめ

妊娠中のインフルエンザの予防接種。
やるかやらないかは、自分次第ですよね。

誰も決めてはくれないけど、
お腹の子供を思うからこそ、必要以上に悩んじゃう気持ち、わかります。

インフルエンザの重篤な副作用は稀ですし、
胎児に悪影響も、現在のところ報告はされてません。
それどころか、免疫力アップの報告もあるくらいです。

インフルエンザの予防接種以外の予防方法を家族とも検討して、
予防接種をするかしないか、決められるといいですね。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

脇汗を止める方法は?汗染み対策は?商品は?
日傘はいつから?一年中使いたい!
アンプルールの効果を写真で紹介!エイジングのお試しを!口コミは?
頭皮のかゆみ乾燥を改善したい!シャンプーやオイルが効く?
インフルエンザの予防に効果的な栄養や食べ物、食事内容を紹介!
頭皮の臭い対策は?洗い方とシャンプーで改善できる?
タイムハニーの効果って?食べ方と購入方法は?
自転車の日焼け対策顔はどうする?帽子は?マスクは?
目への紫外線対策を忘れずに!目薬の効果は?カットできるメガネは本当?
鼻づまりの解消法で寝れない時即効性ある方法は?夜ひどくなるのはなぜ?
爪が割れやすい原因は?ケアはどうやる?食事に気を付ける?
髪が肩ではねる!乾かし方で防げる?アレンジ方法はある?
インフルエンザ予防にマスクは効果あり?種類やおすすめを紹介!
髪への紫外線対策はちゃんとしてる?影響は?ヘアケア法は?
歯のホワイトニングは簡単?歯磨き粉は効果ある?おすすめは?

Menu

HOME

TOP