インフルエンザ予防にマスクは効果あり?種類やおすすめを紹介!

インフルエンザ 予防 マスク 効果

インフルエンザ予防の基本と言えば、手洗い、うがい、マスク。
でも、「マスクなんてしたって意味ない。効果ない」
という意見を聞いたことはありませんか??

折角、インフルエンザ予防のためにマスクをつけていても効果がないんじゃ、ただうっとうしいだけ…。

インフルエンザ予防にマスクが効果ないというのはどういうことか…。
そしてマスクをするならどんな種類がありおすすめのマスクはどんなものか、を紹介します。


スポンサードリンク



インフルエンザ予防にマスクは効果ある?

インフルエンザ予防にマスクは効果がない…。
そんな事を聞いたこともある人は多いはず。

確かにマスクは、インフルエンザ予防というよりも、
既にインフルエンザに感染してる人が拡散防止のために付けるという側面の方が強いです。

ですが、インフルエンザの予防にマスクがまったく無意味、というわけではありません。
厚生労働省もインフルエンザ予防にマスクの着用を奨励しているんですよ。

例えば、自分の近くで、インフルエンザの感染者が思いっきりくしゃみをしてしまったとしましょう。
そうすると、くしゃみでウイルスがそこら中に飛び散ります。
それをマスクなしのまったくの無防備状態で正面から受けるのと、
マスクありで正面から受けるのだったら、マスクありの方が気休め程度でも防げているでしょう。

もちろんマスクをしていてもウイルスは入ってきてしまいます。
でもその量を多少なりとも減らすことができるでしょう。

そして、インフルエンザのウイルスは、ちょっと体内に入っただけでは感染しません。
少しの量であれば、免疫がウイルスに勝ちます。
ただ大量に体内に入れてしまうと、免疫が追い付かず、
感染、発症してしまうのです。
マスクをする事ですべてのウイルスを防ぐことはできなくても、ウイルスの数を減らすことはできます。

また、マスクにはもう一つ効果があります。
マスクをしていると、喉の乾燥が防げるのです。
インフルエンザウイルスは湿気に弱いです。
なので、マスクをしているとマスクの中の口、喉がじっとりと湿りますよね。
この状態がインフルエンザ予防には良い環境と言えるでしょう。

ただ、マスクの効果を最大限に得るには、正しいマスクの付け方が必要不可欠です。
このマスクの付け方が正しくないとせっかくマスクをしていても、
マスクと顔のスキマからウイルスや菌が入ってきてしまいます。



インフルエンザ予防正しいマスクの付け方は?


一番大切なのは、顔とマスクの間にスキマを作らないことです。
マスクのプリーツが下向きです。
針金が付いている方が上向きです。

1.マスクの上下、裏表を確認。上下に軽く引っ張り広げましょう。

2.顔に当てながら、ゴムを耳にかけます。

3.針金部分を鼻の形に合わせます。

4.あごの下までマスクを伸ばし、顔にフィット。

5、最後にしっかりと鼻の周りを押し、針金を鼻の形に合わせましょう。

マスクは使い切りです。
1度使ったら、再利用はせずに捨てましょう。
使用済みのマスクはできればビニール袋に密閉してからゴミ箱へ。
マスクを外した手は、キャッチしたウイルスを触ってしまっているかもしれないので手を洗うといいですね。




インフルエンザに適するマスクの種類とは?

では、インフルエンザ予防のために使うマスクはどんな種類のものを選べばいいでしょうか??

まずは、サイズです。

簡単に自分のマスクのサイズの図り方を紹介しましょう。

用意するのは自分の利き手。
コレをグーに握ってください。
そして、親指と一刺し指を立てて、L字にしてください。
まずは、親指を耳のマスクをするときにゴムをかける部分におきましょう。
そして、人差し指を鼻の頭から1センチほど上のところに当ててください。

この幅を、定規で図ってみましょう。
どのくらいの長さになりましたか?

マスクのサイズ目安

◎9㎝~11㎝ 子供用
◎10.5㎝~12.5㎝ 小さ目
◎12~14.5㎝ 普通
◎12㎝~ 大き目

これらを目安に選ぶことをおすすめします。

では、肝心の種類は何を選んだら良いでしょうか?
選ぶのにおすすめは不織布タイプのマスクです。

・織布マスク(ガーゼタイプ)
子供の頃、給食当番の時にしていたマスク…といえば、思い出すでしょうか?あのマスクです。
洗濯して再利用可能です。
ただし、網目が結構粗いため、インフルエンザ予防にはあまり適しません。


・不織布マスク

化学繊維でできた薄いシート状のマスクです。
ガーゼマスクよりも網目が粗く、普通にドラッグストアでも購入することができます。
プリーツになっているものでサージカルマスクとも呼ばれています。

・N95マスク
不織布よりも網目が細かいです。
これは医療現場で付けられているマスクです。
かなり高性能ではありますが、使い捨ての上に高価。
網目が細かいため、息苦しさも感じます。
日常使いにはちょっと不便です。


スポンサードリンク




インフルエンザのマスクのおすすめは?

インフルエンザ予防のマスクは、不織布のマスクが一番おすすめです。

ウイルスを防ぐためにはN95のマスクが一番良いのでは?
と思うのですが、こちらは目が細かく息苦しく…長時間毎日つけるのにはふさわしくありません。

不織布のマスクはドラッグストアにもたくさん売られていますよね。
1箱でたくさん入っているのがいいでしょう。
もったいがらずにジャンジャン使い捨てできるくらいのほうが衛生的でおすすめです。




まとめ

インフルエンザ予防に「完璧」はありません。
どんなにマスクを正しくつけていても、感染してしまう可能性もあります。
なので、マスクだけに頼らずに、手洗いやうがい、栄養バランスの取れた食事や、
十分な睡眠など・・・
日ごろから総合的にインフルエンザに気を付けて行きましょうね。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

コンタクトの人の花粉症対策は?点眼薬と目に効く内服薬は?
エアウェーブスタイリングを朝する?スタイリング剤のおすすめは?長持ちさせるコツは?
足の爪が剥がれそうな時の処置は?生える?病院にいくべき?
目への紫外線対策を忘れずに!目薬の効果は?カットできるメガネは本当?
noimage
ものもらいでまつ毛が抜ける?生える?悲しい私の実体験。
デジタルパーマセットのコツは?朝にする場合!スタイリング剤は何がいい?
乾燥肌のためのクレンジングのタイミングは?お風呂での順番、使えるものは?
足の裏の豆が治らない!なぜできるの?治し方は?
日焼け対策男性はする?日焼け止めにはクレンジング?ケアは?
マキアレーベル薬用モイスト&カバーベースの口コミは?
子供がいる家の熱帯夜対策は?エアコンはOK?扇風機は?
インフルエンザ予防で人ごみや電車ですべき事やアイテムでおすすめなものは?
くびれの作り方は筋トレが良い?フラフープは?即効性あり?
スノボの筋肉痛を予防、軽減策と筋トレ方法!

Menu

HOME

TOP