ラサーナのオイルにはシリコンが!シリコンシャンプーはなぜ悪い?

child-661788_640

世の中には、すべて試しきれないほどたくさんのシャンプーやヘアケア剤が出てますよね。

市販で買えるものだけでも、数多くあります。
その中でこれはすごい!と思っているシリーズがあります。
それは「ラサーナ」です。
ですが、ラサーナには最近不人気な「シリコン」が配合されています。

ラサーナは本当は良いシャンプー、ヘアケア商品じゃないのでしょうか?


スポンサードリンク



ラサーナのオイルにはシリコンが入ってる?

正直に言います。
ラサーナには、シリコンが含まれています。

私は、ラサーナをかなり気に入ってます。
初めて試供品のヘアオイルを髪の毛に付けたとき、

「なんてサラサラな髪の毛になるんだ…!いつもは朝、パサついているのに今日はまとまっている…!すごい!」

ととても感動し、その日から、ヘアオイルやシャンプー、リンス、ヘアパックなど…ラサーナ製品を買い始めました。

そしてしばらく、よくテレビや雑誌などで

「ノンシリコンシャンプー」という言葉を聞くようになりました。

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンが配合されていない商品です。

そしてこのノンシリコンシャンプーを売り出すためか

「シリコンシャンプーは頭皮に悪い!髪の毛も痛む!!」

といったようなことがあちらこちらで騒がれています。

私も、素直な性格をしているので

「そうか!シリコンシャンプーは最悪なんだ…!げ、ラサーナにもシリコンが入っているじゃないか…。なんてことだ…」

と、落ち込みました。
でも、詳しく調べてみると、
「シリコン」そのものが悪ではないと知りました。

現に、ラサーナを使い続けていても、頭皮にも髪の毛にも問題はありません。
むしろさらさらつやつやの髪の毛になっています。
私は今まで本当に髪の毛が傷んでいて、自信がなかったのです。
でもラサーナにしてから、人から「髪の毛きれいだね」と言ってもらえる機会ができたのです。
ロングヘアーも自信をもってすることができたのです。

だから、シリコンが入っているからといって、ラサーナを手放すことはできませんでした。

そもそも、シリコンは悪いものではなく、シリコンのおかげで手触りのよいつやつやサラサラの髪の毛にしていてくれていたのです。





スポンサードリンク

シリコンシャンプーはなぜ悪い?

シリコンに対する評判の中には

「シリコンが毛穴をふさいで頭をギトギトにする」
「パーマやカラーがかかりにくくなる」

などといった話があります。

そもそもシリコンとは何なのでしょうか?
シリコン=コーティング剤です。
例えていうならば、ストッキングや包帯のような存在です。

日ごろの生活の中で傷んでしまった髪の毛を包帯のようにカバーし、守ってくれる存在なのです。

確かに、パーマやカラーがかかりにくくなるというのは多少あります。
コーティングが邪魔をしてパーマ、カラーがかかりにくくなってしまいます。
しかしそれも微量のものです。
シリコンシャンプーを使っているからといって、まったくかからなくなってしまうわけではありません。

次に、「毛穴をふさぎ、頭をギトギトにする」という話ですが、コレは嘘でしょう。
シリコンは水にも溶けます。
そのため、シャンプーのあとにしっかりとすすぎをすれば毛穴をふさいでしまうことはありません。

では、なぜ、シリコンシャンプーは悪者かのような扱いになっているのでしょうか??


1.ノンシリコンシャンプーを売りたい企業の圧力。誇大広告

ノンシリコンシャンプーを売り出すためには、シリコンシャンプーを悪者にするのが一番売り出しやすいですよね。
シリコンはダメ。ノンシリコンは良い。このようにすることでノンシリコンシャンプーなら多少金額が高くても売れるようになります。

2.シリコンは悪くないが、シリコン以外の成分がどうしようもない
市販の安いシリコンシャンプーの中には確かに質が良くないものもあります。
シリコン以外の成分が大したものが入ってなく、内部補修がまったくできないものです。
内部補修を無視した成分配合を、シリコンによって手触りだけ良くしてごまかす…なんていうシャンプーもあります。
そんなシャンプーは確かに良くありません。
そのため「シリコン=悪」という方程式がなりたとうとしているのです。

話をラサーナに戻しますが、ラサーナはシリコンが配合されていますが、海藻など天然成分にも力を入れています。なので内部補修の力があり、さらにそこにシリコンでコーティングをしているのでまったく悪い要素はないと考えられます。


3.シリコンはシャンプーには必要ないから

シャンプーは洗うためのものです。
頭皮や髪の毛の汚れを落とします。
逆にシリコンは髪の毛をコーティングするものです。
シャンプーにシリコンが含まれているということは、汚れを落としながらさらにコーティングをするということ…。
これではお互いがお互いの力を消しているようなものです。
なのでシャンプーにシリコンが入っているのが好ましくないようになっているのですね。

確かに頭皮を洗うということであれば、シリコンが悪いわけではないけれど必要はないかもしれません。
もし頭皮環境があまりよくないというのであれば、改善させるために、質の良いノンシリコンシャンプーを使ってみるのも手です。

しかしシャンプーではなく、トリートメントやヘアオイルにシリコンが入っているのはまったく何の問題もないです。
むしろトリートメントという点ではシリコンがしっかりと髪を補修、守ってくれるわけですからある程度必要です。

どうしても「シリコンシャンプー」が気になるのであれば、シャンプーはノンシリコンのシャンプーを使い、トリートメントや、ヘアオイルはシリコンが入っているものを使うことをおすすめします。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

猫背の治し方で簡単なものは?寝ながら対処!体への影響は?
足の汗対策でサンダルの場合は?臭いは?それを消すクリームって?
インフルエンザ予防接種の妊婦の副作用と胎児の影響は?妊娠初期でもOK?
頭皮から脂っぽいにおいがする!?洗い方は!?シャンプーは何がいい?
らっきょうの効能の1つ血液をサラサラに!何個までOK?食べ過ぎに注意!
乾燥肌のためのクレンジングのタイミングは?お風呂での順番、使えるものは?
結膜炎のとき化粧できない?化粧品は捨てるべき?
前髪の根元のうねりが気になる!対策は?防止するには?
部活の日焼け対策は?日焼け止めのおすすめとケア方法は?
コンタクトのまま寝てしまった!目の裏側で取れない!取り方は?
自転車で日焼けする手はどうする?手袋は?日焼け止めで乾燥?
noimage
インフルエンザ予防にマスクは効果あり?種類やおすすめを紹介!
髪を早く乾かす方法は?良いドライヤーとタオルを紹介!
歯のホワイトニングは簡単?歯磨き粉は効果ある?おすすめは?

Menu

HOME

TOP