敬老の日のプレゼントは何歳から?赤ちゃんから手作りですべき?

tetote

9月の敬老の日。
長く社会に貢献してきたお年寄りを敬い感謝を伝える日ですよね。
ですが敬老の日にプレゼントをすべきお年寄りは何歳からなのでしょうか?
自分に赤ちゃん(つまり、親にとって孫)が生まれてからすべきなのか…。


スポンサードリンク



敬老の日のプレゼントは何歳から?

敬老の日とは、何歳からなのでしょうか?
例えば、年金が支給されたり、シニア割引が適用される65歳くらいからでしょうか??
または会社を定年してから?

でも、60歳や65歳なんてまだまだ「お年寄り」とはほど遠い印象がありますよね。

もちろん、敬老の日に「何歳から」という決まりはありません。
自分たちのタイミングで感謝を伝えたくなったり、敬いたい気持ちがわいて来たら、敬老の日にプレゼントをする、というのがいいかもしれませんね。

ですが親の年齢で考えると、せっかく敬老の日に感謝を示しても

「私はまだお年寄りなんて年齢じゃないわ!」

なんて怒られてしまうかもしれませんよね。
または

「私はもうお年寄りなのね…」

と落ち込んでしまうかもしれません。

なのでここは親の年齢で考えるよりも、子供(親にとっても孫)が生まれてから、お祝いやプレゼントをするといいでしょう。
どんなに若くいたいと思い頑張っている人でも、孫からお祝いされたりプレゼントを貰ったりしたら喜んでもらえますよ。




敬老の日のプレゼント赤ちゃんからすべき?

では今年赤ちゃんが生まれたばかり!初めての敬老の日の時はどうしたらいいでしょうか?

子供名義で親が何かものを購入してプレゼントしてもわざとらしいです。

なので、敬老の日のプレゼントは赤ちゃんの年齢で考えたら

「ありがとう」

程度の言葉が言えて、へたくそでもお絵かきができるようになtってからの方がいいかもしれません。

大体3歳くらいから、保育園や幼稚園などでも「敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんに、何か作ろう!」
ということになってくると思います。

それからでも遅くはないですよ。


スポンサードリンク




敬老の日のプレゼント手作り 赤ちゃんでもできるのは?

ですがどうしても、何かプレゼントしたい!と言う場合は、赤ちゃんの写真をたくさんとって、手作りアルバムを作ってみてはいかがですか?

写真のほかには赤ちゃんの手形なども載せてあげるといいかもしれません。

そしてその手作り写真アルバムをもって、両親、義両親の家に遊びに行ってあげるのです。

おばあちゃん、おじいちゃんにとっては孫とあえて、孫と遊べるのが一番のプレゼントになると思いますよ。

そして最後にアルバムを手渡ししたらいいかと思います。
やがては子供から、子供が手作りしたものをプレゼントしたほうがいいですが、最初は仕方ありません。

無理に「孫から」という演出を醸し出さずにふつうに渡すのが◎
また、気持ちがあるのであればあなたからの日ごろの感謝の気持ちも伝えられるといいですね。




まとめ

いかがでしょうか?
敬老の日は何歳から祝う、のではなく孫ができて、その孫が、つたないながらも言葉で感謝の気持ちを伝えられるようになってからがベストかもしれません。

どうしてもその前にやりたい!ということであれば、自分自身で子供の写真を撮りまくりアルバムにしてあげたりして遊びにいってあげましょうね。

きっとそれが一番のプレゼントですよ。




スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

足立花火大会へ車で行ける?アクセスは?場所取りの時間は?
七五三の写真はいつ撮る?お参りと同じ日、前撮り、後撮りおすすめなのは?
ハロウィンの仮装は黒猫を手作りで!耳やしっぽも可愛く作ろう!
カレンダーの日曜始まりの理由は?月曜始まりの理由は?
母の日に温泉のプレゼントがしたい!日帰り、箱根がおすすめ!
クリスマスプレゼント片思い女性にあげるべき?おすすめは?渡し方は?
洗濯物を部屋干しするときの乾かし方は?臭い対策は?
七五三の着物のポリエステルと正絹の違い!3歳におすすめの方は?
バレンタインに旦那が喜ぶ料理のおすすめメニューとおしゃれなアイデア!
七五三の3歳の髪型で自分でできるアレンジや髪飾りのおすすめを紹介!
会社の飲み会で一発ギャグを披露?モノマネはうける?作り方を伝授!
夜行バスのお盆の遅れは?持ち物で便利なものは?女性は危ない?
節分の恵方巻の献立、合うおかずや簡単なものを紹介!
敬老の日のプレゼントに洋菓子を!おすすめお菓子や日持ちするものは?
ハロウィンの仮装赤ちゃんの為の手作りは?簡単に!100均を使って!

Menu

HOME

TOP